V-Sido CONNECT Utility

V-Sido_CONNECT_Utiliy

V-Sido CONNECT Utilityは、「V-Sido CONNECT RC」用ソフトウェアです。V-Sido CONNECT UtilityはV-Sido CONNECT RCに各種コマンドを送信する機能を持っています。このツールを用いることで、V-Sido CONNECT RCの動作テストやシリアルコマンドの送受信確認、V-Sido CONNECT RCの設定変更、V-Sido CONNECT RCのファームウェアバージョン確認などを行うことができます。

ソフトウェア仕様

対応OS Windows 7 32bit/64bit
Windows 8/8.1 32bit/64bit
ソフトウェア環境 Microsoft .NET Framework 3.5
Microsoft .NET Framework 4.0

注意事項

本ソフトウェアを使用するにはインストール先PCとV-Sido CONNECT RCでシリアル通信できる環境を用意する必要があります。
使用方法については、ダウンロードしたファイルに含まれるV-Sido CONENCT Utility取扱説明書を必ずお読みになり、ご使用条件をご理解頂いた上でご利用ください。

インストール方法

  1. Microsoft .NET Framework 3.5以降が未導入の場合、インストールしてください。Windows 8以降では標準で導入済みです。
  2. V-Sido CONNECT Utility.zipを適当な場所に解凍します。
Microsoft .NET Framework 4

アンインストール方法

インストール時にV-Sido CONNECT Utility.zipを解凍して作成した、「V-Sido CONNECT Utility」フォルダを削除してください。

利用規約

「V-Sido CONNECT Utility」利用規約

V-Sido CONNECT Utility(以下「本ソフトウェア」といいます)は、アスラテック株式会社(以下「当社」といいます)が、利用者における「V-Sido CONNECT Utility」利用規約(以下「本規約」といいます)の各条項への合意・遵守を条件として、当該利用者に対して無償で提供するアプリケーションソフトウェアです。

第1条(著作権等の帰属)

本ソフトウェアにかかわる著作権、商標権およびその他一切の知的財産権は、当社および当社の許諾元企業たる株式会社V-Sidoその他の権利者(以下「ライセンス元」といいます)に帰属します。

第2条(使用許諾)

  1. ソースコード形式かバイナリ形式か、変更するかしないかを問わず、以下の条件を満たす場合に限り、利用者における本ソフトウェアの再頒布および使用が許可されます。
    • (1) 本ソフトウェアのソースコードを再頒布する場合、下記の著作権表示および本規約の全ての条項の記載を含め、再配布先の合意を得ること。
    • (2) 本ソフトウェアをバイナリ形式で再頒布する場合、頒布物に付属のドキュメント等の資料に、下記の著作権表示および本規約の全ての条項の記載を含め、再配布先の合意を得ること。
    • (3) 書面による特別の許可なしに、本ソフトウェアから派生した製品の宣伝または販売促進に、当社またはライセンス元、その他のコントリビューターの氏名、名称、商標等を使用してはならないこと。

    【著作権表示】Copyright(c)2015 Asratec Corp. All rights reserved.

  2. 利用者は、利用者が前項各号の規定を遵守しないことにより、利用者または当社に対し、第三者(本ソフトウェアの再配布先を含みます。以下同じ。)より異議の主張、何らかの請求がなされた場合、その他紛争が生じた場合は自己の責任と負担においてこれを処理解決するとともに、これにより当社および第三者が被った損害を賠償するものとします。

第3条(免責)

本ソフトウェアは、著作権者およびコントリビューターによって「現状のまま」提供されており、明示黙示を問わず、商業的な使用可能性、継続的な使用の可能性、完全性(不具合やエラーが生じないこと)、不具合やエラーが生じた場合の修正可能性、および特定の目的に対する適合性に関する暗黙の保証も含め、またそれに限定されない、いかなる保証もありません。著作権者もコントリビューターも、事由のいかんを問わず、損害発生の原因いかんを問わず、かつ責任の根拠が契約であるか厳格責任であるか(過失その他の)不法行為であるかを問わず、仮にそのような損害が発生する可能性を知らされていたとしても、本ソフトウェアの使用によって発生した(代替品または代用サービスの調達、使用の喪失、データの喪失、利益の喪失、業務の中断も含め、またそれに限定されない)直接損害、間接損害、偶発的な損害、特別損害、懲罰的損害、または結果損害について、一切責任を負わないものとします。

第4条(禁止事項)

利用者は、本ソフトウェアの利用に際し、次の各号に該当する、またはそのおそれのある行為を行わないものとします。

  1. (1)当社、ライセンス元、その他の第三者の著作権、商標権等の知的財産権、その他権利・利益・財産を侵害する行為。
  2. (2)当社、ライセンス元、その他の第三者を誹謗中傷し、侮辱し、名誉、信用、プライバシーなどを毀損し、または業務を妨害する行為。
  3. (3)猥褻、児童ポルノまたは児童虐待に相当する画像、文書等を送信または表示する行為。
  4. (4)本ソフトウェアのリバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル。
  5. (5)当社、ライセンス元、その他の第三者のサービス、コンテンツ、アプリ等(本ソフトウェアを含み、ソフトウェア等といいます)、およびこれらを提供するためのウェブサーバ等の設備(運営者がソフトウェア等を提供するために用意する通信設備、電子計算機、その他の機器およびソフトウェアを含みます)に不正にアクセスし、これらを改竄、消去またはその利用もしくは運営に支障を与える行為。
  6. (6)第三者になりすまして本ソフトウェアを利用する行為。
  7. (7)有害なプログラムを含んだ情報を送信し、または第三者が受信可能な状態におく行為。
  8. (8)第三者に対し、無断で広告、宣伝、勧誘等の電子メールを送信する行為または嫌悪感を抱かせる情報を送信する行為。第三者の情報受信を妨害する行為。連鎖的メール転送を依頼する行為および当該依頼に応じてこれを転送する行為。
  9. (9)前各号に定めるほか、公序良俗、著作権法その他の法令もくしは刑罰法規に違反する行為。
  10. (10)本規約に違反する行為、その他当社が不適切と判断する行為。

第5条(本ソフトウェアの提供の終了)

  1. 当社は、当社の都合により、本ソフトウェアの提供を中断・停止・終了することができます。
  2. 当社は、本条に基づく当社の措置によって利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。

第6条(準拠法、裁判管轄)

  1. 本規約の準拠法は日本法とします。
  2. 本ソフトウェアの利用および本規約に伴う紛争については、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第7条(規約の変更)

当社は、利用者への事前の通知なしに本規約の改訂および変更をすることができます。利用者は、当該改訂および変更後において本ソフトウェアを利用された場合、当該変更後の本契約に同意されたものとみなされます。

以上

更新履歴

日付 更新内容
2016/08/29 バグフィックスを施した3.1版リリース
2016/08/17 V-Sido CONNECT RC ファームウェアver.3.0用に3版リリース
2015/06/05 V-Sido CONNECT RC ファームウェアver.2.0用に2版リリース
2015/03/20 V-Sido CONNECT RC用に初版リリース